ETCカードクレジットなし

最近はほとんどの車に搭載されているETC。

ETCを使うためには、それ専用のカードが必要ですが、クレジットカードを持っているなら、それと同じ会社でETCカードを作る人も多いんじゃないでしょうか。

ETC一体型のクレジットカードもありますが、盗まれた時のことを考えると、分けておいた方が安全性は高いでしょうね。

でも、クレジットカードが嫌いな人もいて、ETCカードクレジットなしで作りたいと思っている人もいるみたいですね。

そういうことも実は可能なんです。

高速道路6社が共同発行しているというETCパーソナルカードには、クレジット機能はありません。

最初に保証金を預け入れ、それを担保にすることで、指定した口座から高速道路の料金が引き落とされるという仕組みなんだそうです。

クレジットカードに抵抗がある人には便利なカードのように感じますが、でもこの保証金がかなり高額なんですよね。

それにこの保証金は前払金というわけではないので、高速道路料金の支払いには使えないんです。

その上、ETCパーソナルカードには年会費もかかるというデメリットが・・。

クレジット機能付きのETCカードを持っている人にとっては、何のメリットもないカードっていう印象しかありませんが、どうしてもクレジットカードがイヤだという人には、便利なカードなのかもしれませんね。

だけど、わざわざ6万もの保証金と年会費まで払ってETCパーソナルカードを作るくらいなら、単体型のETCカードを作った方がメリットもあるし、便利なんじゃないでしょうか。

だってもし盗まれた場合でも、単体型にしておけば、高速道路での使用以外は不可能ですからね。

ETCパーソナルカードもそれは同じですよね。

ETCパーソナルカードよりも、単体型のETCカードを作る方が、使えば使うほどポイントも貯まるし、年会費も無料だし、メリットだらけでしょう。

クレジット機能だけにこだわりすぎず、どちらの方が賢く利用できるかっていうのを考えて選んだ方がいいんじゃないかな。

ほとんどの人が単体型のETCカードで満足しているんじゃないかな・・。

高速料金の支払い分にまでポイントがつき、後々還元されるっていうのもお得感がありますからね。

うちも単体型のETCカードを使っていますが、それでかなりポイントが貯まり、日常の買物で還元できているから、なんとなく得した気分になっちゃいます。

ただ支払うだけじゃなく、後々還元してもらえるっていうのは、うれしいことですよね。

ETCカードの作り方ならこちらから
ETCカードを初めて作るあなたへ。ETCカードの詳しい作り方と初めてでも失敗しないお得な情報を詳しくご紹介しています。
xn--etc-uf4bog4gsnt78rgc1b.com/

Copyright (C) クレジットなしでETCカードを作る方法 All Rights Reserved