ETCカードの作り方とは?

ETCカードで使えるのはどれ?ランキング上位の人気カード3枚をご紹介

順位 カード名 年会費 特徴
年会費
永年無料
ETC年会費
無料
還元率が高くガソリンもETCもお得
ポイント還元率が通常の2倍
サブカードとしても優秀
ETCカードも発行&年会費無料

 

>> JCB EITカード 【公式】

年会費
永年無料
ETC年会費
永年無料
ガソリン代が割引になる特典に加えて
ポイント最大2倍
iDが付いてきて便利
サブカードとしても人気です

 

>> オリコUPty iD【公式】

年会費
永年無料
ETC年会費
永年無料
ガソリン代が割引になる特典に加えて
ポイントも貯まります。
特典が満載でETC用として
非常に相性の良い人気カードです

 

>> 出光カードまいどプラス【公式】

ETCカードの作り方って?

ETCカードの作り方はかなり簡単。しかしその前にETCカードの仕組みを理解しておきましょう。そうする事で会社の選び方にも若干の違いが出てきます。

 

まずETCカードは個人名義で発行する事になります。そしてこのカード一枚があれば、誰の車で使用してもまったく問題ありません。誰のETC車載器であっても、自分のカードを使用すれば、高速道路の料金は使用したETCカードに請求されます。そのため、自分が自由によく使う場合と、家族が利用する場合とで、特典の内容をよく検討しておく必要があります。

 

例えば自分がよく運転する場合は、ガソリン代の値引き率の高さ。奥さんやお子さんが時々料金所を通過、どちらかというとショッピングでの利用がメインになる。後者の場合はポイント付与率の高いETCカードを使用した方が恩恵は大きくなります。目的をしっかりと持つ事で、ETCカードに対する捉え方は大きく異なってくるのです。そのため、まずはETCカードを作る前に、どういった利用状況になりそうなのか。ここをしっかりと吟味していくようにしましょう。

 

それではETCカードの作り方を具体的に見ていきましょう。

 

ETCカードは基本的に各クレジットカード会社に申し込みをするところからスタートします。 ETCのシステム的に、一時的にお金を借り入れるシステムを担う事になるので、現状ほとんどのETCカードはクレジット会社が担当しているのです。厳密には3種類のETCカードが存在しているのですが、こちらは後ほど詳しく解説していきます。

 

クレジットカードに申し込みをする以上は、必ず審査が発生します。審査にクリアすると、簡単にETCカードが発行されます。クレジットカードを一度も作った事がない人にとっては、どうしても審査の部分が不安になってしまいがち。審査の詳しい内容については後述していますので、こちらを参照してみてください。一般的なクレジットカードよりも、ETCカードの方が若干作りやすいという特徴がありますので、この点を考慮しておくと、気持ち的にも楽になります。

 

クレジットカード会社側から見た場合、一定の信用基準さえクリアしてしまえば、後は作業的に発行していくだけ。申し込みをしてから、ETCカードが到着するまでに大体2週間程度の日数を必要とします。逆にETCカードさえ到着してしまえば、そのまますぐに使えるのがETCカードの便利なところ。

 

クレジットカード会社によっては、車載器を無料で配布しているキャンペーンを行っている事もありますので、場合によっては本当にそのまま申し込みをするだけで、快適なETCライフをスタートする事も可能になっています。

 

ただ、こうしたキャンペーンを開催している期間は非常に短く、そして現状では稀であるため、過度に期待しすぎるのではなく、一枚のカードを長年使う事を踏まえ、利便性ポテンシャルの高い会社と契約していくのがおすすめです。

 

>> ETCカード人気ランキングはこちら <<


比較してお得なものを選びませんか?

ポイントを貯めたりすることも可能で、ガソリン代が安くなったり、ポイントキャッシュバックがあるもの、さらに各社が独自に値引きを用意しているものもあるんですよ。

 

よく比較して、それぞれの特長が自分のライフスタイルにあっているものを選ぶのがお得です。

 

最近では車だけではなく、バイク用の車載器も登場しました。お得な料金が車だけで悔しい思いをしていた方には良いお知らせです。

 

では、ますます注目度が集まる割引サービスや、ポイント制度などを比較して詳しく見ていきましょう。

 

>> ETCカード人気ランキングはこちら <<


ETCカードを比較してみると?

ETCカードを比較する際に、注意して欲しいポイントをまとめてみました。

 

①年会費

 

基本的には無料の会社がほとんどではありますが、無料になっていない会社もあります。

 

無料であるメリットは、やはり持っているだけで何もデメリットが存在しないということ。むしろちょっとした時に、さっと使えるメリットの方が大きいので、初めてETCカードを作る方には、年会費無料のカードがおすすめです。

 

しかし年会費が有料の方が、付与サービスの内容が充実しているケースも多いので、一概に年会費無料だから良いとは言えない状況になっています。

 

まずはここが大きな比較ポイントになってくるかと思います。

 

②高速道路に関連するサービスの有無

 

あくまでETC機能を目当てに契約する以上は、ある程度高速道路利用時におけるメリットを得られるETCカードを作っていくべき。

 

ガソリン価格の割引や、さらには灯油の料金まで値引きされる。高速道路利用時には付与ポイントが優遇される。レスキューサービスに対応している等など。

 

逆に「普段はクレジットカードとして使う。高速道路は日曜に利用するだけかも?」という場合は、楽天カードのように普段のショッピングにもポイントが反映されるETCカードが便利。オリコカードのようにiD機能を備え、カードをかざすだけでショッピングができ、なおかつETCもシームレスに利用できる万能タイプのカードもあります。

 

魅力的な各社のカードですが、比較する際に自分がどういう状況でETCカードを作ろうと思ったのか。そしてどういった利用が想定されるのか。ここをしっかりと理解しておかなければ、比較自体が難しくなってしまいます。

 

③保障サービスの存在

 

不正利用に対する保障の内容もETCカードにおける大切なポイント。ほとんどの会社が一定の保障サービスを設けてはいますが、その保障の範囲に関しては各社でまったく異なります。

 

保障の内容そのものも各社で異なっており、ロードサービスが格安で利用できたり、海外で盗難にあった際の保障など、ETCとはかけ離れた保障サービスが付随されているケースもあります。ポイントはこうしたサービス自体がオプション設定ではなく、デフォルトで装備されているという点が利用者を悩ませるところ。

 

申し込みをする際に、自分にとって何が必要で、不必要なのか。ここをはっきりさせておかなければ、目まぐるしいサービスの種類が揃っていても、いざ手元に届くと不要なサービスばかり・・・という結果を招きかねません。

 

個別に比較していく要素が多すぎるので、後ほど、おすすめカード会社が持っているそれぞれの特徴を詳しくご紹介していきます。

 

>> ETCカード人気ランキングはこちら <<