NTTグループカードはどんなETCカード?

メリットが豊富・選べる割引コース
1,000円以上出光のスタンドで使えば、2円以上割引に。2万円以上給油する方は4円引き、3万円以上なら6円引きで、最大リッター40円引きに!そのほかにも、ポイントプレゼントコースとおまとめキャッシングバックの二つのコースを選んで割引も受けられます。年会費無料で、サービスがたくさんあるお得カードです。 ただし、ETCカードの年会費が525円必要になります。お手軽さを重視する方はご注意ください。

 

NTTグループの料金割引だけでなくガソリン割引も利用できます。


etcカードとしてのNTTグループカードはどう?

NTTグループカードもETCカードを発行しています。電話会社というイメージが強いので、どうしても見落としてしまいがちなクレジットカード会社なのですが、JCBドライバーズプラスカードと同じく、キャッシュバックシステムを採用しているのが大きな特徴。 JCBドライバーズプラスカードほど割引率は大きくないものの、電話料金やNTT docomoの料金に対して、キャッシュバックを受ける事が可能になっていますので、通話料金で毎月高い請求が来ているという人には、要注目なETCカードです。

 

NTTグループカードのキャッシングバックとは? @利用金額2万円単位で1.5%の還元率が発生。 ANTTグループ内で利用した金額上限15,000円まで、毎月@の還元率が適用。

 

例 4万円分、ショッピングでクレジットカードを利用。発生する還元率は3%。ドコモの利用料金をNTTグループカードで支払い中。今月の利用料金は10,000円。 10,000円×3%=300円のキャッシュバック(値引き)が発生。

 

NTTグループ対象の支払い先・NTT東日本・NTT西日本・NTTコミュニケーション・OCN ・NTTドコモ・ワクワク・プララ・ひかりTV ・@ニフティー・ビッグローブ

 

正直、キャッシュバック料金だけを見た場合、そこまで劇的な恩恵を受けられるサービスではないのですが、現金としてそのまま引き落し額が減額されるのは、貴重なサービス。上限額15,000円の利用分に掛かるので、ここをもう少し拡大して欲しいというのが正直なところ。

 

しかしJCBドライバーズカードとは異なり、NTTグループカードには出光サービスステーションの利用に限り、リッター最大40円引きのサービスを受ける事も可能になっています。キャッシュバックとリッター割引サービスが合体しているために、キャッシュバック上限額が低めに設定されている、という認識で捉えてみると、総じてかなりお得なサービスと言えます。

 

さらにポイントにも特化しており、1,000円利用で10ポイントを付与。獲得したポイントをドコモプレミアム、ANAマイレージ、ちょコム、QUOカードに変換できるのもNTTグループならではのサービスと言えるでしょう。

 

ETCカードに関しては、NTTグループカードを申し込んだ際、または既に所有している場合は別途申し込みで、追加発行してもらう事ができます。同じ一枚のカードに機能を集約するのではなく、別にETCカードが発行されるのがNTTグループカードの一つの特徴です。

 

NTTグループカード?web明細で年会費無料【キャンペーン&特典満載】関連ページ

出光カードまいどプラス
出光カードまいどプラスは、ETCカードも年会費永久無料でいつでもガソリンが2円引きになります。ガソリン割引がETCカードとも相性が良く、その手軽さから大人気のカードです。
JCB EIT
お手軽!でもお得!!そして安心!!!JCB EITは、年会費無料にもかかわらずポイント還元率が1%相当。さらに、海外旅行保険も自動でついてくるという特典満載のカードです。
漢方スタイルクラブカード
最強のポイント還元カードとして有名。還元率が1.75%に相当しますからどんな使い方でもお得になります。他にも、マイルにしたときも1.05%と、ANAカードすら上回るなど、まさに最強のポイントUPカードです。
ポケットカード
ポケットカードは還元率1%を自動でキャッシュバックしてくれるので、便利でお得な人気カードです。最近では、ポイント制度の変更でETCの利用分が1%OFFの対象とならなくなったりしていますが年会費無料はやはり注目すべき点です。
オリコUPty iD
オリコUPty iDはクレジットカードとしても定番の人気カードですが、ETCでは年会費無料なところが人気です。海外旅行保険も自動付帯だったりとメリットは多いですね。
ENEOSカードS
ENEOSカードSは、ETCカードまで年会費無料(実質無料)なので、大人気です。ENEOSのロードサービスが付いているのも大きなポイントですね。ENEOSはSSが多いので使いやすいのもいいですね。
ENEOSカードP
ENEOSカードPは年会費が有料ではあるものの、それ以上にメリットがあります。まず、ENEOSでの利用は3%オフ。ガソリン代なども3%オフだから、リッター140円なら4.2円引き相当に!
ライフカード
年会費無料なのでETCカードとしても人気です。最大の特徴は、なんといっても誕生日の月にポイント5倍になるところにあります。サブカードとして普段使っていて、一か月でまとめ買いというのも有効です。
「ビュー・スイカ」カード
普段は電車を使っている方におすすめ。やっぱりSuicaの割引ならこのカードが強い!Suicaチャージでもポイント還元率1.5%なので利用価値が非常に高い一枚です。
イオン首都高カード
首都高関係の割引は、日曜日の割引程度なので基本はイオンカードとして考えると無難でしょうか。ただし、車載器キャンペーンがあって注目度が高く人気もあります。
イオンE-NEXCO pass
イオンカードに高速道路の割引が付いてくるカードです。たまったポイントを、お得なレートで高速道路の割引として還元できるので、よく使う人におすすめしたい一枚です。
楽天カード
いつでもどこでも1%分のポイントが貯まるというのが人気のポイント。年会費無料ですが、ETCカードは条件付き無料。楽天市場のお得なセールや各種の特典を受けたいなら持っておくとお得ですよ。
三井住友VISAカード
カードと言えばコレという人もいるぐらい、知名度の高い有名なカードです。あとからリボなどの設定をすると年会費が無料になったりポイント還元率がアップするなどのメリットも。
JCBドライバーズプラス
自動車がライフスタイルに密着している方向けです。ガソリン代もそうですが、ETC料金もキャッシュバックの対象となるので、ETCカードとしてもピッタリですね。
リーダーズカード
ネット通販の大手、amazonを利用している方向けの人気カードです。通常の還元率1.5%もさることながら、amazonで1.8%還元できるので、amazonでお買いものをする人にとっては最高の一枚です。