ETCカードを持っていると受けられる割引とは?

ETCカード最大の魅力が、高速料金割引制度です。具体的にどういった割引が適用されるのかは、走行する区間によって変動します。一人一人のケースに照らし合わせて説明するのが困難なため、一般的に広く認知されていない部分でもあります。

 

まずはどういった高速料金割引の種類があるのか。ここだけでもしっかりと理解しておきましょう。

 

・平日昼間割引平日の6時〜20時まで発生する割引システム。大都市は対象外。地方では30%割引が適用。距離制限、回数制限がないので、ETCカードを持っているだけで30%引きという認識でも〇。

 

・平日夜間割引少し時間帯が複雑に設定されている割引システム早朝の4時〜6時。夜間の20時〜24時が対象時間帯。大都市・地方の両方で適用され、距離、回数も無制限。

 

・休日特別割引休日とは土曜日・日曜日・平日のことを指す。時間帯は0時〜6時。そして22時〜24時。車種が設けられており、普通自動車と軽自動車等が対象。制限なしで50%の割引が適用。

 

以下、毎日実施されている割引サービスです。

 

・通勤割引時間帯は6時〜9時まで。そして17時〜20時までの2パターン。地方部のみに実施されているサービスで、割引率は50%。通勤で高速道路を利用する人はETCが必須と言われる所以。ただし、距離制限と回数制限があります。

 

・深夜割引 0時〜4時限定。地方・大都市で割引率を50%に拡大中。距離・回数の制限はなし。

 

・早朝夜間割引 0時〜6時まで。そして22時〜24時までの2パターン。割引は50%。(ただし、地方部のみでの高速利用は適用外) 距離制限設定あり。回数制限はなし。

 

以上が東・中・西、各日本高速道路(NEXCO)が設定している時間帯割引になります。非常に細かく、なおかつ変化していくのが特徴的で、道路関係者でも全てを把握している人はかなり少ないと言われています。

 

時間帯によっては重複する割引サービスもありますが、この場合は両方を受けられるのではなく、割引率の高い方が優先。割引率の低い方は相殺されてしまうので、2重割引を想像している人は要注意。

 

もし割引サービスの不正が発覚した場合には、不正金額分を徴収され、なおかつその区間における割引サービスの凍結等が検討されますので、多くの人に迷惑を掛けてしまう可能性があります。 (実際に問題となって凍結・変更された区間もあります)

 

自分が利用する高速道路にどういった割引が設定されているのかは、各道路会社に問い合わせをして確認する事もできますので、事前に調べておく事をおすすめします。

 

>> ETCカード人気ランキングはこちら <<


ETCカード割引?ETCがあれば安くなる【ETCカード導入最大のメリット】記事一覧

NEXCO東日本・中日本・西日本の高速道路と一部の有料道路では休日特別割引対象区間基本的に全国の高速が対象です。対象日時土日祝日割引内容ETC搭載の普通車・軽自動車が、終日50%OFF大阪・東京近郊の午前6時〜午後10時までは30%OFF>> ETCカード人気ランキングはこちら <<

大阪・東京を除く区間では、通勤割引対象区間大阪・東京を除く全国対象日時平日の6時〜9時と17時〜20時までの朝晩3時間ずつ割引内容ETC搭載の普通車・軽自動車が、最大50%OFFただし、100kmまでという距離制限があり、100kmを超えると無効になります。100kmを超えても100km分まで割引してくれるようになりました!全国で平日昼間割引が実施されています対象区間首都高速道路や阪神高速道路など...

全国で深夜割引(拡充)が実施されています対象区間首都高速道路や阪神高速道路などを除く全国対象日時午前0時〜4時までの間(または平日の午前4時〜6時までの間、午後8時〜翌午前0時までの間)割引内容ETC搭載の車が、30%OFFまたは50%OFF大阪・東京の大都市近郊では早朝夜間割引が実施されています対象区間首都高速道路や阪神高速道路などを除く東京・大阪の都市近郊エリアに指定されている地域対象日時入口...

大阪・東京近郊限定で、早朝夜間割引が実施されています。対象区間大阪や東京の大都市近郊区間に設定されているエリア割引内容ETC搭載の普通車・軽自動車が、50%OFF本州四国連絡高速道路では休日終日割引が実施されています対象区間瀬戸中央道(瀬戸大橋)神戸淡路鳴門自動車道西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)対象日時土日祝日割引内容ETC搭載の普通車・軽自動車が、終日50〜55%OFF>> ETCカード人...

飛行機などの利用をすることでマイレージポイントをためることができますが、このマイレージサービスはETCにも存在しています。ETCマイレージサービスは、ETCを利用した通行料の支払い金額によってETCマイレージポイントが加算され、マイレージポイントが溜まるとポイントを無料走行料金として還元し、ETCで使用することが出来るようになります。ポイントは利用月の毎月20日に加算されていきますが、ポイントは最...