ETC取付けでモトは取れるの?

ETCをまだ取り付けてない方が迷っている最大の理由が、付けてもモトがとれるかどうかという問題なのではないでしょうか?
というわけで、まずはいくら費用がかかるのかを見ていきましょう。

 

実際に利用できる状態になるまでに必要なモノは

  • ETC車載器
  • ETCカード

この二つですが、ETCカードについては無料〜数百円の年会費で手に入りますので、ここではETC車載器に注目します。ETC車載器にかかる費用は

  1. 本体
  2. 取り付け工賃
  3. セットアップ料金

の3つです。

 

1の本体は、2ピースタイプと言うアンテナ内蔵型のものでダッシュボードなどの上に設置するタイプと、3ピースタイプという、アンテナをフロントガラス上部などに取り付けたりして本体は目立たないところに分離できるものの二通りがあります。

 

ダッシュボードの上は車によってはななめになっていたり、スペースがせまかったりするなど安定しませんから、アンテナ分離型の3ピースタイプが定番です。気になる価格帯は、価格コム調べで5,500円〜20,000円程度です。

 

さらに、最近ではメーカー純正のビルドインタイプという車とマッチしたモデルや純正オプションとして販売されているものもあります。
(余談ですが、【ITSスポット(DSRC)】というものに対応した車載器もあり、サービスエリアや道の駅などでカーナビを通してインターネットに接続したりできるものもあります。)

 

2の取り付け工賃ですが、これは車の種類や工事する内容によって異なります。自分ですることも一応可能ですが、知識がないなら手を出さないほうが無難です。料金の相場は、3150円〜10,500円まででしょうか。

 

3のセットアップ料金というのは、車の情報をETCに記録させるために必要なもので、これは絶対に省くことができません
一般的な相場的な料金が3,150円で、補助金がでるお店なら2,625円です。もしこれより高ければ、普段行ってるディーラーさんなら理由を聞いたほうがいいでしょうし、初見のお店なら避けたほうが無難です。(値段というか信用という面で)

 

以上を踏まえてみると…

 

本体+8,400円程度でしょうか。安くて人気のあるアンテナ分離型の機種は5,6千円ですからだいたい、1万5千円程度と見積もっておくといいでしょう。(アンテナ分離型の取り付けで多い工賃5,250円とセットアップ料3,150円で試算しました。)

 

さらに、お得に取り付けを考えているなら、

 

>> ETCカードキャンペーン <<

 

のページを参考にしてみてください。


ETCカードの人気ランキングは?

JCB EITカード

オリコUPty iD

NTTグループカード

ライフカード

出光カードまいどプラス

ETC車載器?セットアップ込みでいくら?【購入から取り付けの流れ】関連ページ

ETCのメリットについて
ETCは車載器本体に取付工賃などを合わせると1万円ぐらいはかかってしまいます。それでも、取り付けてしまえば断然お得です。ETCで利用できる高速料金割引がたくさんあります。