ETCでエラーが起きたらどうするの?

ETCカードは非常に便利なものなのですが、機械に頼ったシステムなので、ETCカードや車戴器に問題がなくともエラーが発生してしまうこともまれにあります。

 

料金所を通過する際にエラーが出てしまった場合は、必ずその場で止まり係員の案内に従うようにして下さい。

 

入り口でエラーが出た場合は、通行券を受け取ることになりますし、出口でエラーが出た場合は係員にETCカードを渡せば、ETCカードの支払いで料金所を通過することができます。

 

余りにも続けてETCのエラーが出る場合には、一度車戴器からETCカードを抜いて再度挿しこみをすると改善される事が多いようです。

 

また、レーン内においてエラーが発生しスムーズに料金所を通過できないと、多少の時間がかかってしまいますが、車の位置を直す為に車をバックさせたりすることは、事故に繋がる危険性がありますので絶対に止めて下さい。

 

エラーが出たとしても焦らずに落ち着いて【係員の指示に従う】ことが無難にその場を回避できる最善の方法ということを忘れないようにして正しい運転を心がけましょう。

 

>> ETCカード人気ランキングはこちら <<


誤作動が起きたら、どう対応する?

ETCカードの利用を行っていると、特定料金区間や乗継などを実施している路線において、料金所でない場所でETCの車戴器が作動する場合がありますが、これは道路に配置されているアンテナの稼動に車戴器が反応する為であり、【課金はされていません】ので安心して下さい。

 

車を走らせる場所によっては、頻繁に車戴器が反応をするのでETCを搭載したばかりだと課金されていないかと不安になると思いますから、クレジット会社から送付される明細書をみて確認してみてください。

 

万が一、明細内容をみて心あたりの無い料金が課金されている場合は、クレジット会社に電話をして問い合わせをしましょう。

 

ただ、ETCコーポレートカードを利用している場合に限っては、クレジット会社ではなく、覚えの無い料金請求を行っている【有料道路事業者】に問い合わせるようにします。

 

ETCが普及すると同時にシステムも安定して作動するようにはなっていますので、誤課金がされる事はほぼありませんが、念を入れて毎月の請求書を確認するのも良いでしょう。

 

>> ETCカード人気ランキングはこちら <<


ETCエラー?万が一に備えて【トラブルの原因と対処法をチェック】関連ページ

ETCカードの使い回し
ETCカードは自分の車以外でも使ったりできます。友人や知人とのドライブや長距離移動の際に、運転してもらう人に料金を払ってあげるなんて使い方ができます。車載器のほうは再セットアップ手続きが必要です。
ETCレーンが封鎖されていたら?
ETCレーンではときどきトラブルが起こっていたりします。東名などの大きな高速道路だといくつもETCレーンがあるので一つぐらい止まってもどうということはないですが、そうでない場合はどう対処するのでしょうか?
ETCカードの抜き忘れ差し忘れ
ETCレーンで接触事故の原因になりかねないETCさし忘れ、そして盗難事故の原因になりかねない抜き忘れ。どちらもトラブルを避けるために大切なことです。