ETCレーンが封鎖されてるときはどうするの?

ETCカードの開発には10年以上の月日がかかっており、今でこそ全国の有料道路でETCカードの使用が出来るようになっていますが、中にはETCシステムが搭載されていない料金所も存在しています。

 

このようなETC未搭載の料金所においてはETCレーンを通過する時と同じような清算をすることは出来ません。

 

ETC未搭載の料金所を通る際は、一般レーンに進入をして係員にETCカードを手渡せば、現金の使用ではなくETCカードを利用した料金精算が出来ます。

 

いつも、ETCレーンという表示をみて運転をしていると、ETCレーンの表示がなくて焦ってしまうと思いますが、そんな時はETCが搭載されていない料金所もあるという事を思い出して冷静に対処をすれば、交通事故を起こす危険性もありませんので、くれぐれも覚えておいて下さい。

 

ただし、日に日にETCの搭載は進められていますのでETC未搭載の料金所を目にすることは、そうそうないかもしれませんね。

 

>> ETCカード人気ランキングはこちら <<


ETCレーン封鎖?係員さんとの手続きについて【通れないときの対処法】関連ページ

ETCカードの使い回し
ETCカードは自分の車以外でも使ったりできます。友人や知人とのドライブや長距離移動の際に、運転してもらう人に料金を払ってあげるなんて使い方ができます。車載器のほうは再セットアップ手続きが必要です。
ETCでエラー
ETCではエラーが起こることもあります。万が一のときにトラブルや事故にならないように、前もって対処法を勉強しておきましょう。ETCレーン関連では特に事故が多いのでご注意ください。
ETCカードの抜き忘れ差し忘れ
ETCレーンで接触事故の原因になりかねないETCさし忘れ、そして盗難事故の原因になりかねない抜き忘れ。どちらもトラブルを避けるために大切なことです。