ETCカードと車載器の使い回しってできるの?

ETCカードは【クレジットカードと同様の扱いになります】から、他人に貸す事は絶対に止めておいた方が無難ですが、所持者本人が他の車に乗る際に持ち運びをして利用するのであれば問題はありません。

 

例えば、知り合いと旅行に行くときに運転してもらう代わりに料金は自分で払うよ!なんてときに使えますね。

 

このようにETCカードの持ち運び利用は可能なのですが、【車戴器の使いまわしや持ち運びは出来ません】ので覚えておきましょう。

 

なぜなら、車戴器は自動車毎に合わせて車の情報をインプットして利用する(車両による料金の違いなどの情報)ものなので、位置とセッティングした自動車以外では使用することが出来なくなっています。

 

つまり、【一人で複数台の自動車を所持している場合】は、【所持している台数分の車戴器を購入する】必要があります。

 

ちなみに、車戴器のセットアップを行うときに申込書にある【牽引の有無】という欄にチェックをしておけば他の自動車を牽引しながらETCレーンを通過することができます。

 

牽引にチェックをいれておらず他の車を牽引することになった場合は、ETCレーンを使用せず【一般レーンに進入をしてETCカードを係員に渡す】ことで料金所を通過する事ができます。

 

>> ETCカード人気ランキングはこちら <<


ETCカード使い回し?お得に活用する方法【車載器は使い回し不可】関連ページ

ETCでエラー
ETCではエラーが起こることもあります。万が一のときにトラブルや事故にならないように、前もって対処法を勉強しておきましょう。ETCレーン関連では特に事故が多いのでご注意ください。
ETCレーンが封鎖されていたら?
ETCレーンではときどきトラブルが起こっていたりします。東名などの大きな高速道路だといくつもETCレーンがあるので一つぐらい止まってもどうということはないですが、そうでない場合はどう対処するのでしょうか?
ETCカードの抜き忘れ差し忘れ
ETCレーンで接触事故の原因になりかねないETCさし忘れ、そして盗難事故の原因になりかねない抜き忘れ。どちらもトラブルを避けるために大切なことです。